「全国キッチンカー事業振興協会」は、地域防災活動のサポートと障がい者(児)支援活動のサポート等の社会貢献を行っていきます。全国におけるキッチンカー事業の発展を扶助することにより、業界全体として社会貢献できる態勢の構築を図り、キッチンカーによるビジネスと社会貢献の両立を目的として活動する団体です。

地域防災の要に

環境の変化により台風、地震、水害といった災害が日本全国で起きる時代となりました。いつ何時、近隣が災害に合うかわかりません。

キッチンカーは、電気やガスが止まったとしても、発電機や調理機械で、炊き出しを行うことができる防災の要になり得ます。
もしもの時に備え、会員同士の地域連携を図り、地域防災の一翼を担うことが全国キッチンカー事業振興協会の願いです。

障がい者(児)の未来を

障がい者(児)の社会訓練・就労支援の一環として、キッチンカーを利用した調理や接客のお仕事体験を積極的に行います。

さまざまな支援団体と連携し、障がい者(児)の現実的な未来づくりのサポートを行います。

日本の「文化」

引用:国立国会図書館
職人尽絵詞・第1軸」
鍬形蕙斎(北尾政美)原画・山東京伝ほか3名詞書

日本には昔から「屋台」という移動販売の文化が根付いています。
この歴史ある商いに恥じぬよう、全国キッチンカー事業振興協会では、不健全な営業は排除し、キッチンカー業界が健全で安全なビジネスの場になるよう活動していきます。

信頼のおけるキッチンカーオーナーと地域との架け橋となり、 地域の皆様に安心して楽しんでいただけるようなマナー・ルール・法令等を遵守したビジネススタイルが全国に広まるよう願っています。